イベント

2021.02.03

シャボテンひなまつり2021.2/3(水)~4/3(日)

第八回「しゃぼてんひなまつり」

~ひな祭りの装束を着たサボテンが登場~

2021.2/3(水)~4/3(日)

 

伊豆シャボテン動物公園では2021年4月3日(土)まで、第5温室メキシコ館において、サボテンおひなさまの段飾り「しゃぼてんひなまつり」を展示いたします。

今回で8回目となる本イベントでは、サボテンにひな祭りのアレンジをして、お内裏さまとおひなさま、三人官女、五人囃子の三段飾りを展示いたします。お内裏さまには“サボテンの王様”「金鯱(きんしゃち)」、おひなさまには頂点にピンク色の可憐な花が咲く「銀翁玉(ぎんおうぎょく)」、三人官女のサボテンには「玉翁(たまおきな)」、五人囃子には「新天地(しんてんち)」、「赤鳳(せきほう)」、「鸞鳳玉(らんぽうぎょく)」「雪晃(せっこう)」「英冠玉(えいかんぎょく)」を配すなど、それぞれの役に扮したサボテンの個性も楽しめるようになっております。

ひな祭りは、女の子の健やかな成長と幸せを祈る年中行事で、その起源は不明ですが、平安時代には川に形代を流して厄払いをする「流し雛」などの風習が行われておりました。江戸時代初期には形代の名残をとどめる「立ち雛」「座り雛」といった男女一対の簡素な人形が作られるようになり、幕末までには官女・随身などの人形や小道具が添えられ段飾りになるなど、豪華になっていきました