どうぶつブログ

2019.05.18

ガチョウ雛

皆さんこんにちは

今日はガチョウの雛が

芝生の広場に放飼した様子を紹介します。

シャボテン動物公園では、ガチョウの雛は卵から孵ると

すぐに母親と一緒に部屋の中に入れてしまいます。

これはカラスなどの外的に襲われないようにするためです。

そして、数週間経ったあと雛がしっかり歩けるようになると広場へ移動し群れの中へ移動させます。

この日初めて、5羽の雛が広場へ出た時の写真です。

最初は先輩ガチョウに囲まれ少しピリピリムードでしたが

数時間経つと、仲間として受け入れられた様子で群れ入りしていました。

雛は成長が早くすぐに、大きくなってしまいますので、かわいらしいヒヨコの姿を見れるのは今だけです。

是非、シャボテン動物公園へ見に来てください。