サボテンの育て方

サボテンの育て方

サボテンも種から育つ

サボテンはさし木によって増やす方法と、種から育てる(実生とよばれる)2つの方法で育てることが出来ます。
種から育てる時は、アサガオやヒマワリと同じようにふた葉が最初に出てきます。
サボテンの種ですが、種はサボテンの花が受精すると花の下に種の入った実が出来ます。種の大きさは色々ありますが驚くほど小さいです。
種は果肉のついたまま土に埋めても殆ど芽ばえません。これは種を包んでいる皮や果肉が芽ばえを止めてしまうからです。
芽を出させるためにはガーゼなどで包み、水洗いして果肉を取り除きましょう。
自然界では鳥などの動物が実を食べ、果肉を消化して種だけを糞として外に出してくれます。

種から育てる方法

まずはじめにガーゼなどで種を包み水でよく洗って下さい。
底の浅い平鉢に小豆大の小石を入れ、天日でよく干した川砂を入れたものに、できるだけ等間隔になるよう種をまきます。
この時土はかぶせません。
種をまいた鉢を、底に水(1~2cm)をはった皿につけて下さい。
上には半透明の板ガラスなどを置き、日当りの良い所へ置いておきます。
この時鉢とガラスの間にわりばしなどをはさんで通気性を良くしておきます。

サボテン・多肉植物の四季管理

月1~2回晴れた日に。
※土が乾いた時など。
遮光が望ましいです。
植替え 最適です。
少量を朝か夕方に。
遮光して下さい。
植替え 行うことはできます。
土が乾いたら。
徐々に日光にあてて下さい。
植替え 適しています。
与えないで下さい。
日光にあてて下さい。
植替え 行わないで下さい。
日光管理

春夏秋(4月~9月)は遮光くらいがが望ましいです。夏などは直射日光だとサボテンが日焼けをおこしてしまうこともあります。そのかわり寒い冬はたっぷり日にあてて下さい。
また、月下美人や孔雀サボテンなどの森林性のサボテンは半日陰で育てるようにすると良いです。

水の管理

サボテンにも水は必要です。春と秋にはしっかりあげましょう。夏は夕方、冬は午前中に鉢の土が乾いている時のみ少量だけでも大丈夫です。
梅雨の時期はできるだけ水やりはひかえるようにして下さい。

植替えの方法

植替えをするサボテンの土を前もって乾燥させ、取りやすくしておきます。鉢の側面を軽くたたき、そのまま鉢から抜き取ります。
根についた土をもむようにして落とし、根だけにします。根の状態を調べて古い根を処理し、日陰で4~5日干し、根の切り口や傷口を乾燥させて下さい。
次に鉢と用土を用意します。
用土は30%~40%の水分が最適です。鉢の4分1にガラを入れ、半分ほどまで用土を入れます。半分ほど用土を入れたらサボテンの根をひろげて置き、周囲から丁寧に用土を入れていきます。
この時はしやピンセットで根の周りに土が入るようにして下さい。
入れ終えたら鉢を手で打って用土を落ち着かせます。
直射日光は避け、徐々に慣らしていきます。紙などをかけて日陰をつくると良いです。
植替え後の水は5~10日後に。
最初のうちはその日に乾燥する程度で、だんだん量を多くしていみましょう。

※植替えは春・秋におすすめします。

サボテンの増やし方

① 挿し木

サボテンを育てていると、横から上からどこからともなくポコリと出てくる小さな枝の様なサボテン。(仔吹き)
このサボテンをカッターなど切れ味の良いキレイな刃で根元の付近で切り取ります。
その後は菌などが入らないよう日陰などで2~3週間程乾燥させ、土に植えて下さい。この時土の中に"植える"というよりは、サボテンを浅く土の上に"乗せる"程度で大丈夫です。背の高いものには支えの棒などを土に立ててあげてください。
直射日光は避け徐々に慣らし、根っこが出てきたら少しずつ水をあげて下さい。

※挿し木は春・秋におすすめします。

② 種で増やす

サボテンが咲かすきれいな花。この花を受粉させると実がなります。出来た実から種を取り出し、種から育てます。

③ 接ぎ木

接ぎ木は別のサボテンの上に別のサボテンを乗せて、下のサボテンから栄養をもらって上のサボテンを育てる方法です。

〔材料:接ぎ木するサボテン・カッター・糸・わた〕などを用意します。

まず、台木となるサボテンを水平に切ります。次に周り、肩の部分などを少しだけ斜めに切りましょう。穂木となるサボテンも根を切り落とします。この時台木から切ったサボテンは挿し木などにすると良いです。
次に接着です。
両方のサボテンのほぼ中央にある移管束が合うように重ね合わせます。重なったらサボテンを痛めないようわたなどを乗せ糸を使って固定します。しっかりと固定したら日陰の乾燥した場所でくっつくのを待ちます。大体1~2週間程です。
接着したら台木に合わせたサボテンの世話をして下さい。

  • ※時期はいつでも出来ますが、天気の良い日が続く時におすすめします。
  • ※接ぎ木には相性があるので上手くいきやすいサボテン同士を選びましょう。