サボテンブログ

2018.05.19

まだまだ咲いています!

お花とサボテンを愛する皆さん!

5月だというのに夏のような日が続いて辛いですね~。

伊豆シャボテン公園のサボテン達は、この暑さをものともしないで、どんどん花を咲かせ続けています。

今、綺麗な花を咲かせようとしているのは、第1温室(南アメリカ館)エキノプシス交配種のサボテン達! サボテン園芸家の人達もバラの品種改良のように、苦心惨憺して美しいサボテンの花を作ろうと、サボテンの品種改良を続けています。これはそんな園芸家の人達の愛がこもったサボテン達!

今日、花が咲いていたのは、この古代百合(コダイユリ Hybrid  Echinopsis  Cacti) ずいぶんと鮮やかな花のサボテンでしょう♡

こちらは蜃気楼(シンキロウ Hybrid  Echinopsis  Cacti) このタイプのサボテンには優美な名前のついているものが多いようです。

 

 

一方、こちらはもうすぐ花が咲くニッショウキYA(Hybrid  Echinopsis  Cacti)赤い筆のような花芽がたくさん上がっています。花は、ラッパのように鮮やかに咲きますが、長持ちしないのが、玉にきず! 一日ぐらいしか持ちません。さーて、いつ咲くか?でもこの花芽の状態ならば、明日、咲く可能性も高いです。

こちらももうすぐ開く、芳金丸(ホウキンマル Hybrid  Echinopsis  Cacti)こちらは黄色いラッパの花!

 

 

芳金丸の側では、緋繍玉(ヒシュウギョク Parodia  sanguiniflora)が鮮やかな赤の二番花を咲かせておりました。夕方なので少し閉じかけていますが、こちらは下からどんどん花芽が上がっているため、まだしばらく美しい花を楽しむことが出来ます。

こちらも今が花期! 緋繍玉に近い仲間の 錦繍玉(キンシュウギョク Parodia aureispina) 夕方に撮ったので閉じかけていますが(おまけにぼやけてる!)完全に開いている昼間は誰もが足を止めておりました。

大きなサボテンも花を咲かせていましたよ~! こちらは、この第1温室で、2m以上の大きさがある、大型宝剣(オオガタホウケン   Opuntia  ficus-indica)、この花が咲き終わると、花の下に、甘い果実が出来ます。(刺さると抜けないトゲも付いていますが ! )

 

他にも第3温室では、クジャクサボテンが、第4温室では、パキポデュームが、第5温室ではああ、紹介しきれない!

まだまだ、これから美しい花が咲く、伊豆シャボテン動物公園へ、ぜひご来園ください。

 

 

おおっと、忘れていました!

明日、5/20は「サボテンの花まつり」のイベントとして「カピバラのコケ玉(略してカピ玉!)作り、多肉植物のワークショップを開催いたします。こちらもサボテンの花に負けない位の愛らしい、多肉植物とカピバラの組み合わせ♡ 是非、ご参加ください!

植物エンターテイメント課一同   記録:真鍋