サボテンブログ

2017.09.05

竹咲いてます

9月に入ってだんだん涼しくなり秋めいた天気になってきました。

お出かけ日和の良い季節になってきましたね。

そんな中、園内の噴火湖の湖畔にあるキッコウチク Phyllostachys pubescens var. heterocycle が咲きました!!

中国原産の竹の仲間で、モウソウチク(孟宗竹) Phyllostachys pubescens の変種です。

このキッコウチク(亀甲竹)は国内では1966年に京都で開花した以来、2度目の開花になるそうです。

竹の仲間は花が咲くと枯れる性質があるので、この株も開花後には枯れてしまいます。

こんなエビみたいな花からひょろりと伸びているのが雄しべです。

あまり私たちの想像する花の姿とは違いますが^^;

単子葉植物でイネ科の仲間なので花弁は無いのです。

現在、下の方の花から順次開花していますのでしばらくはこの不思議な花を楽しめます。

 

ちなみに他にも園内ではシャボテン動物公園秋の風物詩パンパスグラス Cortaderia selloana の花が見ごろを迎えています。

温室でも涼しくなってきたのでちょこちょことサボテンの花も咲いてます。

今日は第5温室メキシコ館で巨鷲玉 Ferocactus peninsulae が咲いてました。

竹の花だけでなく、温室や園内でも他の植物の花を楽しめますので是非ご覧ください。

 

植物担当:森下(2017.09.06撮影)