サボテンブログ

2017.05.13

ジャングル・フラワー

雨のそぼ降る1日、第3温室(森林性サボテン館)では 夏を予感するようにクジャクサボテンがきれいに咲いていました。

zizi4zi10

 

 

というわけで、サボテンを愛する皆さん!

伊豆シャボテン動物公園では、花まつりもたけなわ! 今 孔雀サボテン(クジャクサボテン Epiphyllum属)が見ごろを迎えています。

zi2zi5zi6

どうです♡ 鮮やかなものでしょう! ピンク、オレンジ、白、赤 時に黄色 その花の大きさ、美しさから英名ではオーキッドカクタス(Orchid  cactus)つまり、「ランのようなサボテン」と呼ばれているのです。実際、ジャングルの中に咲くこの鮮やかさは、まるでランの花をほうふつさせます。

zi8zi7zi9

といっても、原種の方はここまで鮮やかではない、どちらかというと白い花のようですけどね。

ふるさとは、中南米。 サボテンのくせに、雨の比較的多い ジャングルの中で、樹の上や岩に張り付いて暮らしています(着生植物)。

月下美人に似ていると思われた方もいるかもしれませんが、ゲッカビジンが夜一晩だけ花を咲かせるのに対して、クジャクサボテンは、昼間に花を咲かせます。

原種の孔雀サボテンは夜に咲くものが多いそうですが。

その花の美しさから、様々な品種改良がおこなわれ、すごくたくさんの園芸品種があります。中には、とても育てにくいものもあるそうです。

zi3

1つの花は、2~3日くらい持てばいい方ですが、そこは伊豆シャボテン動物公園!  バックヤードにたくさんの孔雀サボテンがあり、花が咲く度、終わった株と交換して展示しているので、当分は花を楽しむことが出来そうです。

初夏を告げる、クジャクサボテンの花に会いに、ぜひ花まつりの公園に御来園ください。

植物エンターテイメント一同  記録:真鍋