どうぶつブログ

2018.05.31

七面鳥

今日は七面鳥について紹介します。

七面鳥という名前の由来は顔の色が青や赤色に変色するところからきています。

興奮したりすると、肌が露出している顔の血液が透けて赤く見えます。

では青く見えるのはどうしてでしょうか?皮膚の組織に青色の色素があるわけではありません。

答えは空が青く見えるのと同じです。

なぜ空が青いのか、それは太陽光のなかで青い色だけが空気中の細かい塵などにぶつかり散乱して青く見えます。

七面鳥の皮膚の中でも、脂肪の層に青色だけがあたり散乱して青く見えます。これをチンダル散乱というそうです。

こんな七面鳥は虹の広場の中にひっそりといますので、何色の顔をしているかぜひ見てみてください。